読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

逆に

『妖怪へぇこいたの手記』

だから商業施設っつぅのは嫌だとあれほどーーというわけで今年はーーじゃないのか。来年は、元旦から出勤である。それも単に僕が任されている店が巨大な商業施設内にあるからで、その施設内の店舗は揃って巻き添えで元旦からへぇこらお客さんに頭下げねばならんのである。

僕の店舗はアパレルとかじゃないからまだマシらしく、元アパレル従業員のバイトの話だと、福袋詰め込み作業とかで大晦日の夜も帰れるか怪しいほどーーらしい。
晦日と言えば何かと妖怪も湧く日だっていうのに、そんな必死こいて銭稼ごうとしてるから妖怪も出てこなくなっちゃうんだと思うわけで。
 
ただ、かつて長らくフリーターしていて命を時給に代えて削っていた時分とは異なり今は社員。なったらつまらなくてなりたいと思っている頃には輝いて見えたシャイニーシャイン。
ちゃんと年始出勤した分は休めるから、案外休みの多い(ように見える)シフトが出来た。
逆に考えれば元旦なんてすげぇ暇らしいし、普段は混んでる電車も空いてるんだろうし、混み始める4日あたりから「店長年始こんなに出てくれてありがとうございましたご苦労様でした休んじゃってほんとすんませんすんません」と思われながら堂々と連休取れるのでむしろピース。と思うことにした。逆に。
 
今年はなんだか妖怪ブログも更新滞ったし、御大も鬼太郎になっちゃったし、検定も見送ったし、妖気の半端な年だった。
来年はもっとチミチミモウモウしたいと思う。
 
皆が初詣やらなんやらに出かける頃、僕は正反対のメトロに乗って通勤するのだ。
みんなと違うことをするのが好きだ。
わざとらしい「みんなと違う」は好きじゃない。僕が僕の感性で選び取ってきたモノやコトが、たまたま「みんな」と違った時、僕は嬉しい。変な奴なのだ。
だから来年の元旦、僕が感じるのは妬みでもなく悲しみでもなく、可笑しみなのだ。
みんな寝てたり徹夜してたり初詣向かってるのに僕は出勤!ーーにやり。逆に。
 
ヲシトオイヨ!  逆に。