読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

海女房(うみにょうぼう)

海女房

島根県は十六島(うっぷるい)。

ある漁師が友人に留守番を頼まれていた。いつものこと。慣れたもの。

その漁師はくつろぎながらうたた寝をしていた。

すると、窓から視線を感じる。何事かとチラリと目をやると、そこには怪しげな目が覗いていた。

漁師はふいに恐怖を感じ、すぐに部屋の押入れに隠れて息を殺した。

すると先ほどの目の正体と思われる誰かが入ってきた。

漁師はそうっと押入れを開けて覗き見る。

長い髪に女の顔。そして体は――鱗に覆われた魚。手には水かきも付いている。

あぁ、海女房か――と漁師は考えた。

いつものこと。慣れたもの。

ふと視線を移すと、海女房は腕に何かを抱えていた。

真っ青な顔をした、人間の赤ちゃん。誰の子だ?

助けるために飛び出そうかどうしようか思いあぐねていると、海女房は台所の隅に置いてあった魚の塩漬けの入った桶に近付き、赤ちゃんを抱いたまま大きな重石を軽々とのけて蓋を開けた。

次の瞬間、海女房は魚の塩漬けを豪快に掴んで食べ、さらに赤ちゃんにもかぶりついた。

凶悪な輝きを放つ恐ろしい歯。塩漬けと赤ちゃんとを、交互にムシャムシャ食べていく。

漁師はただただ恐ろしくて、固まったまま視線も外せなくなってしまった。

見たくもない。けれども、動けない。

赤ちゃんと塩漬けとを綺麗に平らげると、海女房はぐるりと家の中を見回した。

「さっきいた男はどこだ?」

漁師は大量の冷や汗を流しながら固まっている。

「食後の口直しに食べたかったのに」

海女房は口惜しそうにそう言うと、家をゆっくりと出て行った。

 

こんな女房はいやだ。