読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

妖怪検定合格発表の日也

『妖怪へぇこいたの手記』

ついに第九回境港妖怪検定の合格者発表の日です。

初球を軽やかに無視して中級一発合格を目指した今回、風邪をひきながらも胸に刻んだ言葉を力に、粉骨砕身、孤軍奮闘で頑張った僕に勝利の合格通知は届くのかッ!

次週! 『燃え尽きるまで妖怪』!

お楽しみにッ!

 

――って感じで、要はやっぱり緊張してテンション上がりました。

ネットでも合否は確認できたので、仕事の休憩中にドキドキしながらチェック。

ビビリな僕は、な・ぜ・か、最初に「今回の受験者データ」を見ました。

中級は129人受けて19人合格だそうです。14%。そもそも資格とか試験の経験に乏しい僕にはこの数字が何を意味するのかあんまりわからんのですが、とにかく19人の中に僕の番号がありゃいいだけの話。

因みにマゾ中級よりさらにマゾい上級は、今回2名合格だったそうな。

 

さて本番の合格番号発表のページ。

僕の番号は……ありました。

よしもう一度。

しっかりと見て……ありました。

 

と、いうわけで、無事に中級一発合格しました。

引っ張ったから盛り上げたかったのですが盛り上げようもないしメシマズ展開にイライラしてる方もいそうなのでさらっと。

これで来年は十月か九月辺りから偉そうに「妖怪検定対策記事」みたいなことできますうししし。

 

きなこid:kinakonakoさん。僕の紛らわしい書き方のせいでフライングおめでとうをもらっちゃってて言い出せずにいましたが、これで胸を張って言えます。ありがとうございます! あなたのおかげで、試験は終わっていたけれど、「落ちるわけにはいかなく」なってました笑

貧しさを力に変え、余裕の一撃合格かましてやりましたぜ。

 

――今日から僕も妖怪博士の仲間入り。

この検定の資格が一体どこで「使える」のか全くわかりませんが、少なくとも今ここでネタになってますし、妖怪ファンとしてはなんだか無性にうれしいものです。 

 

そして。

僕は次の年、上級へ挑む権利を得たわけです。

待ってろ鳥取。待ってろ境港。アンド待ちぶせよろしく魑魅魍魎のみなさん。