読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

最強妖怪決定戦~妖怪一武道会~

最強の妖怪を決めるのです

f:id:youkaiwiki:20141017130526j:plain

妖怪の中で最強を決めるーーこれはとんでもなく野暮な事には違いありません。
しかしそれでもナンバーワンを決めたがるのが人の性。
また、男というものはどうしても「最強」を知りたがり、そして「最強」になりたがるものです。
 
かつて何度もこの企画は考えたのですが、その度に案外面白い結果になんねーな、ということで頓挫し続けてきました。
しかし、その原因は「漠然と」「なんでもありで」考えていたからにすぎず、ジャンプ的、いやいや、ドラゴンボール的に天下一武道会みたいなのを妖怪でやると仮定した場合、一気に面白くなったのです。
枷を作ることで様々なノイズがフィルターで引っかかり、純粋な「強さ」が抽出されるのです。
怖さでも、妖しさでも無く、ここでは妖怪さん達に真の強き者、強き妖怪、最強妖怪を決めてもらうです!
 
まず、ルールを決めます。
 
・一対一での試合とする
・試合は、相撲の土俵(妖怪ですし和風ですし)と同じく直径15尺(約4.5メートル)の円内で行う
・土俵から少しでも出たり、土俵内で倒れたりしたら負け
・妖力、呪術の類も全て使用可能
・対戦相手を成仏させた場合も勝ち
・試合結果は、妖怪へぇこいたの脳内シミュレーターで処理される
 
これでいきましょう。
※独断と偏見と好みが多分に入った結果になると思われます。ご了承下さい。
 

惜しくも予選落ちした有名妖怪達

この枷により、多くの「最有力候補」達が落選するという波乱に満ちた展開になっております。

ダイダラボッチ――土俵を足だけで軽々超えてしまった為に落選。

手洗い鬼――ダイダラさんと同じ理由で落選。
海の妖怪全般――「地上戦とか聞いてねぇよ!」と言いながらほぼ皆さん落選。
ぶら下がり妖怪全般――ぶら下がる物が無いので落選。
八岐大蛇――やっぱりコイツもデカ過ぎて落選。
ぬらりひょん――気付いたら土俵上にいて、目を離した隙に消えて、また気付いたら土俵外でお茶飲んでたので落選。
槍毛長、虎隠良、禅釜尚――三人一緒じゃないとやだ、とごねたので落選。
キャラ化してない妖怪達――絵が無いとイメージしようがないので落選。
露骨に輸入妖怪――世界大会まで待機しててほしいので落選。
枕返し――「起きてる状態で戦うの? 無茶言わんでください」とのことで落選。

本戦出場妖怪一覧

ではでは、予選を勝ち抜き、見事本戦出場までこぎつけた猛者13妖怪を紹介します。
 
心理戦のエキスパート! 覚(さとり)

妖怪覚り

 

その祟りは数百年効く! 崇徳天皇(すとくてんのう)

崇徳院

 

触れる事すらできぬ逃げ足! ぬっぺふほふ

ぬっぺふほふ

 

美女かはたまた妖狐か⁉ 玉藻前(たまものまえ)

玉藻前

 

とにもかくにもバックスタブ! 後神(うしろがみ)

後神

 

風と共に切りぬ! 窮奇(かまいたち)

かまいたち

 

妬みは女を蛇にする! 清姫(きよひめ)

道成寺清姫

 

秘めたポテンシャルは無限大! 河童(かっぱ)

河童

 

鬼を統べる鬼界の鬼! 酒呑童子(しゅてんどうじ)

酒呑童子

 

見たら即死! 輪入道(わにゅうどう)

輪入道

 

轟く恐声は雲を引き裂く! 鵺(ぬえ)

鵺

 

まだ伸びる! まだまだ伸びる! 見越し入道(みこしにゅうどう) 

見越し入道

 

ザ・暴力! 狒々(ひひ)

狒々

 

最後に、人間界からも一人だけエントリーさせちゃいます。一人ぐらいアクセントとして人間を入れちゃうのも面白そうですからね。要はミスターサタン枠です。

徳川吉宗は御庭番、神をも畏れぬ植村政勝

f:id:youkaiwiki:20141017113416j:plain

 

 妖怪界最強吟味のお時間です

ではこの中から最強を決めるべく様々な角度からシミュレートしてみます。

 

ざっと見て、まず最強になりそうにないのが、ぬっぺふほふでしょうか。

何しろ逃げてばっかりですから、時間制限を設けていないのでいつかは捕まってボコられちゃうでしょう。戦う力は皆無でしょうし。というわけでぬっぺふほふは敗戦。

 

次に一見めちゃくちゃ手ごわそうな覚(さとり)

しかし彼は人語は理解するものの動物語まで理解するとは書いてありません。対人(対植村、対崇徳等)はめっぽう強いでしょうが、窮奇(かまいたち)あたりに切り刻まれて敗戦。キャラが若干被ってる狒々(ひひ)にもフルボッコです。

 

鵺(ぬえ)酒呑童子(しゅてんどうじ)も、有名ですし粘って欲しいところですが、この2妖怪が有名なのは「退治譚」のお蔭です。様々な物語で負けまくってる妖怪は最強の名にふさわしくないでしょう。故に敗戦。

 

ちょっと待って一匹だけチート能力がいる! って感じの輪入道(わにゅうどう)

確かに「見たら即死」はとんでもチート能力なのは確かですが、弱点があります。「此所勝母の里」と書いた札を見せるだけで、一気に弱体化してしまうのです。

その辺りの知識は凄そうな崇徳天皇(すとくてんのう)なんかには対策されて封じられてしまうであろうと思われるので、敗戦。

 

次にその崇徳天皇(すとくてんのう)はどうでしょうか?

僕は過去何度も書いてますが、崇徳院は元は凄く優しい方です。最後は鬼やら天狗やらに変じて恐ろしい祟りを残しますが、瞬間的な火力は全然ないと思われるのです。どう考えたって狒々(ひひ)にすら勝てないおじさまだと思うのです。敗戦。

 

河童(かっぱ)今回の試合は土俵で行いますから、相撲大好きな河童こそ最強なのでは? と思われましたが理屈抜きの暴力獣狒々(ひひ)にボッコボコに。狒々最強なんじゃね? 説が濃厚になってきました。

 

見越し入道(みこしにゅうどう) どんどん大きくなる見越しさんですが、今回は特別枠で植村政勝さんが参加していることを忘れてはなりません。

植村さん、見越し入道が大きくなる秘密を「移ろう陽光が作る影である」と一撃看破。「見越入道、見越したり!」

 

植村さんの快進撃はまだまだ続きます。

江戸の勇者記事で書いたように、九尾の狐が退治された後、殺生石となり各地に散らばりましたが、その怨念凄まじい殺生石を砕いて舐めて持ち帰ってしまったのが植村さんその人。

しかし今回は玉藻前(たまものまえ)の参加です。殺生石ではありません。

最強の妖力、傾国の美女力、玉藻前は狐へと姿を変え――植村政勝絶体絶命! 

と思いきや、植村さん狐の尻尾に「MADE IN CHINA」のタグを発見。更に襟首からは「MADE IN INDIA」のタグ。大会運営に対し「露骨な輸入妖怪は除外となっていたはずだが?」と抗議し、玉藻前を急遽失格へと追い込みます。

この男、キケン!

が、直後に清姫(きよひめ)に巻きつかれ焼き殺されました。敗戦。

 

窮奇(かまいたち)僅かな風切傷など、真の化物妖怪には全く効きません。どう考えても清姫、狒々あたりにやられてしまうでしょう。

「可愛らしさなんてなんのタクティカルアドバンテージにもならないのだよ」by蛇の人

敗戦。

 

さぁさぁ随分絞られてきました。

力こそ正義な狒々、鐘を焼く程の火を吐く清姫。

 

お気付きでしょうか?

僕はこれを書きながら、ずっと考えていたのです。

後神(うしろがみ)の欠点は無いのか? と。

ずっと後神だけスルーしてきました。

なぜなら……

何度考えようとも後神が最強であるという結論に至ってしまうからです。

 

いかなる状況でも、後神は背後を取り続けるのです。

いかに狒々が暴力的でも、後ろにいられたのでは手出しできません。

いかに清姫が巻き付こうとし、火を吹こうとも、後ろにいられたのでは当たらないのです。

 

しかし一つ疑問。

後神に攻撃力はあるのか?

これがなんと、あるのです。

一説には、「口から物凄く熱い息を吹く」とあります。更に、傘を吹き飛ばすほどの風を操るともあります。

火ではなく「熱い息」なのがまたなんとも微妙ではありますが、延々と背後を取られ、熱い息を吹きかけられ続け、風を浴びせられ続ける。風に当たり続けるという事は、ピンと来ないとは思いますが体力を消耗するのです。加えて熱い息。これを繰り返されたらどんな妖怪も参ってしまうと思うのです。

それこそ肉体ではなく精神が崩壊してしまうでしょう。

 

もう間違いないでしょう。

武力での戦いにも関わらず、妖怪らしく精神を攻め、見たくとも常に背後を取る為にろくに姿も見れない。

相応しい。実に相応しいと思うのです。

しかも、後神は臆病神の一種とも言われています。

臆病神が最強の妖怪になる――面白い。実に面白いです。

 

結論

最強の妖怪は、後神!

f:id:youkaiwiki:20141017140912j:plain

 

背後に気配を感じたら、それはきっと最強の妖怪後神さんがそこにいる証なのです。

異論もありましょうが各々脳内でやってみて下さい。きっと後神さんが上位に食い込んでくるのは間違いないと思います。