読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

金の神の火に見る幻想と現実

金の神の火(かねのかみのひ)

ざわ……          ざわ……

 

    ざわ……      ざわ……   

 

 

伊予(愛媛)の怒和島では、大晦日のある神社の裏で、ざわざわと騒がしい音がすることがあるのだと言う。

それはまるで人がわめいている音のようであり、人々はそれを「歳徳神がいらっしゃった」と考えていた。

丸く大きく明るい火の玉のような神であり、それを見れば金持ちになれるのだ。

鳥山石燕金霊という妖怪を書いていたが、似たようなものだろうと思う。

また、九州は天草にも現れると云われ、そっちは力比べをしようとしてくるらしい。

 

とにかく、この金の神の火にさえ会えれば! 大金が得られることが確定するのだ!

皆様一緒に探しましょう。金の神の火を捕まえに、いざ四国へ乗り込みましょう!

f:id:youkaiwiki:20141014221044j:plain

ハッ!?

 

あぶないあぶない。妖怪に自分のお財布までも預けてしまうところだった。

でもお金持ちになれる系妖怪って、裏にこめられた教訓とか無視して考えれば、夢があると思うのだ。

貧乏人の味方な感じがするのだ。

いつまでたっても貯金もできない。このままでは……

f:id:youkaiwiki:20141014221615j:plain

 

金が全てじゃない。でも……

f:id:youkaiwiki:20141014221747g:plain

 

だとしたら……お金がないということは……。

 

――だから、金の神の火と出会い、気付けばいつの間にか大金を手にしていて、食べたかったもの、欲しかったものを全て得て、恋人を作り、結婚して、子供を産み、素敵な庭のある和風な一軒家で読書しながらその生涯を終える……

たまには、そんな夢を見たっていいじゃないか。

 

f:id:youkaiwiki:20141014221520j:plain

 

f:id:youkaiwiki:20141014222131g:plain