読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

美しき野火

野火(のび)

f:id:youkaiwiki:20141007222025j:plain

先日、雨の夜は怪火のターンと書いた。

怪火、鬼火の類は往々にして地味で、不気味なものであるが、この野火は違う。

土佐(高知)に伝わるこの怪火は、まず場所を選ばない。

どこにでも突如として現れるのである。

大きさもなかなかで傘程。それが目の前に来たかと思ったら……

弾ける!

f:id:youkaiwiki:20141007222608j:plain

弾けた野火のび太達は1メートル程の高さを舞い――弾けまくる。

f:id:youkaiwiki:20141007222719j:plain

それは時に100メートルを超える範囲に及び、広がり、拡散し続ける。

手に負えない、暴発する花火の如く。

ここで朗報。なんと野火は、手懐けることができるのである。

 

まず、靴を脱ぐ(草履が好ましい)。

次に、脱いだ靴に唾を吐きかける。

最後に、その唾付きの履物を頭の上に掲げて野火を呼び寄せる。

するとあら不思議、野火達があなたの頭上で舞い始める。

それはまるで操れる花火のようであり、怪火と呼ぶには美しすぎるのだ。

 

 

凝った名前でもなければ怖そうでもない。

野の火と書くだけ。ただの野火。

しかし他のどの怪火よりも美しく、強く主張する。

野火の正体は、野火と遭遇し、その輝きを見たその時、心に問いかけてみれば自ずと解る。