読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

妖怪名を日常会話に入れてデキる大人になりたいのだ

『妖怪へぇこいたの手記』

日常会話の中の妖怪

日常会話の中にさらっと妖怪名を入れて使っている人を見るとほんとかっこいいなぁ、と思います。見た事無いんですが。

だから、そういう立派な大人になるべく、僕も色々考えてみたのです。

例えば、

トイレ行ってくる→すみません、ちょっと厠神が呼んでおりますので

みたいに言い換えられたら、

「やだあの人ちょっとかっこよくない? 厠神とかって言ってたよ? ちょっと信じらんないこのご時世にカワヤガミとかって言葉使ってる時点でツボなんだけどちょっとメアド聞いてくる///」

ってなっちゃう女性が相当な数いると思うんですよね。

実際そんな女性が現れたら「おのれ妖怪消え去れ」って追い払いますけど。

 

なるべく自然な感じで、それこそ「妖怪っぽくない」感じで会話に入れられたらベストですよね。

「ちょっと髪切り行ってくるわ」

……。これじゃあ妖怪名とか関係無しに成り立っちゃいますね。難しいです。

おはよう! っていうのを妖怪名にして、

「やぁ皆さんおばりよん!」

とかどうだろ。清々しい筈の朝の挨拶が一瞬にして重いものに変わりますね。なかなか良いです。

 

ちょっと言い換えできそうな妖怪を色々書いてみます。

 

・晒し者→帷子ケ辻

・仲良しな男同士→川男

・嫉妬深い女性→清姫、道成寺飛縁魔蛇帯四ツ谷怪談

・変態→尻目

・無表情なやつ→のっぺらぼう

・すぐ抱き付きたがるキャワワ女子→野衾

・ちょっと存在感なくていつも一人でいるやつ→野寺坊

・すぐ怪我するやつ→平知盛(妖怪じゃない笑)

・残業中涙するやつ→夜泣き石

・こっそり飯食うやつ→二口女

・カードゲームがとにかく好きなやつ→札返し

・すんげぇこわい女性→橋姫

・朝シャンしてきたのまるわかり髪濡れ女子→濡れ女磯女

・借りてる物をやけにしつこく返せって行ってくるやつ→泥田坊

・しつこいやつ→玉藻前清姫崇徳天皇

・器用貧乏→

・タオル→白容裔

・バスタオル→一反木綿

・万引き野郎→百々目鬼

・潔癖症→手洗い鬼

・部屋がゴミだらけなやつ→塵塚怪王

・部屋が本だらけなやつ→文車妖妃

・キン〇マでかい→豆狸

・痩せすぎモデル女子→骨女

・凄く働くのに凄くやってる事が見当違い→船幽霊

・風呂入った後やけに汚れる→ひょうすべ

・隣の人のやってることが気になる→屏風のぞき

・烏合の衆→百鬼夜行

・枝毛が多い→針女

・歯に海苔付いてる→歯黒べったり

・バンドやってます→狸囃子、または家鳴り

・おいしいところを横取りするやつ→火車

・お子さんとお顔がそっくりねぇ→

 

――てきとうに考えただけでもかなり出ましたね。

よし! そんじゃあちょっと会話してみます!

 

「おばりよん!」

「おぉおばりよん。なんだ、昨日も狸囃子の練習だったのか?」

「うん。でも骨女のベーシストが手洗い鬼でさ。しょっちゅう厠神に呼ばれたって抜けちゃうんだわ」

「あー、色々大変なんだな。確かあのベースの子、母親とそっくりな累だよな。俺知ってるんだよね、あいつの家」

「なんで? 同級生だったとか?」

「そう。野寺坊だった俺に声かけてくれたのがあの骨女。毎朝濡れ女だったからよく白容裔貸してあげてたんだ。それが結構お気に入りの白容裔だったんだけど、なかなか返してくれないから泥田坊してたんだよ。結局まだ返してくれてない」

「百々目鬼じゃんか。お前豆狸のくせにそういうところは変に気が小さいのな。玉藻前的にいけば返してくれただろ」

「いやそれがさ、あいつ結構変なヤツでさ。授業中は弁当二口女だし、ニコって笑うと歯黒べったりだし。空気読めない船幽霊でもあったからさ」

「あー、確かに変だよな。よく火車するし、のっぺらぼうだし。いきなり叫び出して、お前ら百鬼夜行だ、なんて言いだすからな。この前も駅前で帷子ヶ辻されたよ」

 

 

これイケルんじゃねぇかマジでおいすげぇ。

モテちゃうだろこんなの。おいやべぇよ。

――ただし!

相手が妖怪の事そうとう詳しくないと全く通じないという点のみ、注意されたし。

みんなも自分で言い換えられそうな妖怪探ししてみてね♪

超自己満だけどすごく楽しい。