読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

冷静と饒舌の間~たぶんその2~

『妖怪へぇこいたの手記』

昨晩はちょっと疲れた勢いで記事書いて朝起きてすぐに「よし消そう」と思って軽やかに削除しましたがこんなことそうあることではありません。

人の感情というものは妖怪のようによくわからんもので、ある時は自分でも引いちゃうぐらい、いや、引いてるわけですが冷静に物事を傍観してるかと思いきや、またある時は見境なく喋り倒してまるで喋る(書く)ことが生きる意味であるかのようにふるまったりする時もあったりして、やっぱり自分というのはよくわかりません。

 

また、記憶というのも曖昧なもので、たとえばこの記事のタイトルはなかなか巧いことやったもんだ――と思ったのですが、書き始めてしばらく経って、「あれでもこれ前にも付けたタイトルな気がしてきた」と不安になり慌ててその2と付け足しました。

「あのね、こんな面白い話があってね、もう最高でしょ!?」

「それ二回目」

↑こういうやり取りほど恥ずかしいモンはありません。穴があったら魍魎でも探したいぐらです。

 

昨日消してしまった記事の中で、ちょっとした報告というか宣伝を書いていて、それは消した今でも伝えたいことなので書いておきますが、鳥山石燕の画図百鬼夜行シリーズの、画中解説文を追記しています。これが本当に大変な作業なんですが、百器徒然袋以外はすべて画中文も書き終えましたので、たまには原点回帰で石燕妖怪も眺めてみてほしいです。

なぜ最初に投稿したときに怠ったのか。

なんというか、画中文を冒頭に持ってくると、一気に「引き締まる」ンですね。

おぉ、妖怪様いらっしゃった! な感じ(どんな感じ?)

こういうプチ自己満足がモチベーションになったりするもんです。

 

ところで今日はこの記事を職場から書いているのですが、(つまりいわゆるスーパー社畜タイムなう)いかに自分のパソコンが自分に最適化されているかがよくわかります。

離れてみてわかる、キミの大切さ。

がず、って打って変換すると『画図百鬼夜行』って出るマイPCは本当に素敵なヤツなのです。

今は何度も何度もうち間違える。ウチ待ちガイル。

f:id:youkaiwiki:20140914232441p:plain

 

結論。

遠距離恋愛は無理だって何度言ったら解ってくれるの?

あのね、私もう――新しい恋人がいるの。

そうよ、あなたの知らない人。知らない男。ううん、違う。

知らない男っていうか――難しいんだけど、たぶん一般的に使われてる言葉を使って言えば、

知らない妖怪。

もう最高でしょ?