読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

絡新婦の断り

『妖怪へぇこいたの手記』

僕、結構蜘蛛びいきな方だと思います。

Gをやっつけるという噂を聞いて以来、絶対に蜘蛛は殺さないようにしています。

更にスパイダーマンおもしれぇ! となって以来、尚更蜘蛛は殺さないようにしています。

また更に、『絡新婦の理』を読んで以来、京極夏彦毎回すげぇ! となって殊更蜘蛛は殺さないようにしています。

 

昨日書いた天づるしの記事で、蜘蛛の事を思い出したので、最近僕と蜘蛛との間に起きた素敵な出来事を書きます。

 

――寝っ転がっていたら、手の上に蜘蛛がいました。

おやおや

と思って眺めていると、手の下側に回って、ツぅ……と糸を出して下に降りようとしたのです。

二十年前の僕ならば、「どうじゃんごろぢでー!!」と泣き叫びながら言ったでしょうが、今の僕にとってそれはとてもかわいい光景に見えました。

だからゆっくりと手を動かし、蜘蛛が布団に着地できるように導いてあげて、布団の端から消えるまで見送ってあげました。ほんとにおしりから糸出すんですね。当たり前なのかも知れませんが、じっくり見てたら感動しちゃいました。

 

ただ、それは小さい蜘蛛だったからであって(多分ですけどハエトリグモ系)、それがガチな絡新婦(女郎蜘蛛)だったりしたらそりゃ悲鳴も上げたでしょう。

 

あとですね、デカイ蜘蛛さんはですね、所構わず巣を作るのだけはどうかよして頂きたいです。

蜘蛛さんにもエサとったり生活したりと色々事情があるんでしょうが、友好的な僕の、玄関出てすぐの曲がり角に一夜城を築いて嵌めるようなことしないで欲しいんですね。

一言断ってくれればいいのに。それか色付きの巣を作ってくれればいいのに。

体は随分「立ち入り禁止」な色してるくせに、見えるか見えないかの朧な糸で巣を作るのってちょっといやらしいと思います。

 

あともう一つ。

意味不明な空中放糸をやめていただきたい。

あれで人が釣れるとでも思ってるんですかね?

うわーやられたー、とか言って身動きできなくなるとでも思ってるんですかね?

移動中なのか夢のマイホーム建築中なのか知りませんけど、糸を出したならしっかりとご自身で管理して頂きたいものです。

放屁とかゲップじゃないのです。自分の尻から糸的に出してるんですからね。

「すみませんうっかりしてました」なんて理屈通りません。

 

蜘蛛のみなさん、どうかそのあたりは一度考えてみてほしいです。