読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

親指の瘡が不敵に嗤う

『妖怪へぇこいたの手記』

もう、しんどいなんて言わない。私、決めたんだもの。

 

へぇ子はそう胸に誓い、休日なのに職場に行かねばならなくなってその挙句に親指の関節の頭をマシーンに抉り取られて大出血した挙句帰宅してみたらイツモノ時間。へぇ子は嘲笑し、出勤したのと変わらないわ、あら可笑しいふふふ――と呟いて(ツイートして)からこみあげる怒りと涙を堪えてウィスキーをぐぉいとあおった。

 

心が荒んでいるのは世界のせい――と怒りをぶつける対象を全世界という漠として莫としたものに変えてはみたものの、どれだけ頑張っても財布の中に6円しか入っていないという事実が全ての元凶であることはへぇ子も勿論気付いていた。

 

元来、屁こきであった。

おぎゃあと産まれてぶぅとこき、高い高いと持ち上げられてすぅとこく。

思い切りオナラが出来る世の中を作る――そう胸に誓い政治家を目指した13歳の夏、へぇ子は恋をして、そして屁こきが不人気であることを知った。

それはへぇ子そのものが否定された瞬間でもあり、へぇ子はその時全てを諦め放浪の旅に出て、熊本のとあるお寺で出家した。

女僧は比丘尼と呼ばれる。

しかしへぇ子は自らを比丘屁と呼び、周りにもそれを頼み込んだ。

 

へぇ子は考えた。

輪廻転生から抜け出す為に悟りを得、解脱する。輪廻転生とは何か?

子を成す事そのものではないのか?

自らの遺伝子を持った子は、己と同じものではないのか。

それは転生に他ならない。

両親は私で、私が産んだ子も私。私はこうして何度も何度も転生している。最初の私は誰?

連綿と紡がれる命の連鎖は、悟りを得る為に輪廻転生を繰り返す人々の姿そのものではないのか。だから釈迦は性欲を禁じた? 人が人であるという認識すらも、悟りの前では無意味なのだ。じゃあ悟りの意味って何? なぜみんなそれを目指すの? そこに到達すると何か良いことでもあるの?

 

わからない。私には、何もわからない。

 

そしてへぇ子は仏門を降り、就職した。

 

日々忙しくしていてあっという間に流れて行く月日は、深い瞑想状態の時間の飛び方と似ていた。

違うのは、すっきりしないことぐらいなもの。

――ふと親指を見ると、大きく開いた傷口がニヤリと不敵に嗤いかけたように見えた。

まだ私にもこんな感性が残っていたのね……。

へぇ子はよし、と呟き(ツイートし)、数年振りの清く美しい屁をこいた。

その屁の風圧で座布団がめくれ、キラキラと輝く硬貨が出てきた。

――1円玉。

そしてへぇ子は、やっぱり神も仏もいやしないわ――と悟った。