読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

一本足(いっぽんあし)

一本足

大和国(奈良県)は伯母ヶ峰に出た、熊笹の生えたイノシシの亡霊――それが一本足(一本足の鬼)と呼ばれる妖怪である。

 

なぜイノシシが亡霊になってしまったかというと――

伯母ヶ峰の山中にて、射場兵庫(いまひょうご)という狩人に背に熊笹の生えたイノシシが討たれた。どうやらそのイノシシは「熊笹王」といって随分偉いイノシシだったようで、後に野武士に化けて和歌山県の温泉宿へ泊まりにきたりしていた。

ある日寝ている野武士の様子を見にきた温泉宿の主人が、寝ているのが人間ではなく、熊笹の生えた巨大なイノシシになっている姿を見てしまった。

イノシシは「見られちゃあしょうがないね」と、とつとつと「射場兵庫へ復讐がしたい」ことを語った。

……なんてイノシシに言われた所で結局協力することも出来ず、イノシシの復讐は叶わなかったのだが――それ以降、怒ったイノシシは「一本足の鬼」となり、伯母ヶ峰の旅人を襲っては喰らうようになったのだという。

 

気になるのは、特に伝承上で「片足を撃たれて一本足になった」のような記述は無いのに、亡霊になり鬼になった途端一本足になっていることである。

これはもしかしたら「伝承の生まれた順序」が関係していると思われ、奈良県のこの猪笹王の亡霊は、「一本だたらの一種」と言われていることからもわかるように、まず一本だたらの仲間であることが前提で生まれた妖怪なのではないだろうか。

 

または順序とかいう問題でなく、山の神=一本足となる風潮もあったので、それのせいかも知れない。

 

因みにこの奈良県の一本足は、奈良県内でも「イノシシ」を正体とする地域と、「ネコ」を正体とする地域とがあり、これまたややこしい。

でも狩人にネコはやられないだろうし……。

ネコの場合は全く異なる「化け猫系」の伝承が別で伝わっているのかも知れない。

 

尚、我が国の野球界にも一本足系の妖怪がいる。

熊笹王ならぬ貞治王と呼ばれるその男は、妖怪であることを隠しもせず、大胆にも「一本足打法」なるものを武器として一躍スターとなった。

世界に誇る日本の妖怪である。