読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

おじいちゃんといっしょ

『妖怪へぇこいたの手記』

今日来たお客が、僕と同じ靴を履いてました。

ニューバランスのちょっと高めの靴。

そこでやっぱりお客さんが「おぉ、俺と一緒だねぇ」と言ってきてくれまして、少しの間だけ盛り上がりました。

「やっぱり履き心地はニューバランスですよねぇ、違う靴をいくら履いてもこれに戻っちゃうんですよ」

と、僕は軽快にウソをつきまして、お客さんも「そうそう」とかなんとかおっしゃってました。

ニューバランスの靴買ったの初めてですごめんなさい。

 

で、まぁタイトルバレしてますがそのお客さんはおじいちゃんでして、そのお客さんが帰った後に「おじいちゃんと一緒のセンスなのか!?」とちょっとショックだったりしたわけです。

相方のバイトさんに、「もしかしてこれって古い感じですか?」と聞いてみたところ、ちょっと困った顔をした挙句に「いや、俺は好きだよ?」と言ってくれました。どう甘めに考えても気を使った感じでしたが。

 

前も手記で書いたように僕はちょっと人とズレてるようで、例えばファッションに関しても「ギリ奥田民生的だから許せるダサさ」(相方談)らしく、ズバっとダサイと言われないのが優しさなのか冷たさなのかは解りませんが、とにかくオシャンティー一族には仲間入り出来ないのは確定的なようです。

 

しかし!

時にオサレはデメリットである! と僕は開き直っています。

雨がしとどに降る最中、髪型を気にしながら傘をさしフラフラ歩く大学生の傍らを、頭までスッポリと雨合羽で固めた出で立ちでズンズンと追い抜く気分の良さをキャツラは知りますまい。

「手ぶらなのに濡れないよ! ああ楽しい。合羽ってサイコー! クッソダサイけどね!」

 

合羽で思い出しましたが、ついに原二のバイクを買いました。来週納車。楽しみ。

ローンで今月の給料が紙くずの如く消えてなくなったけど水筒と米があればまぁ死なないでしょう。

とかなんとか思いあぐねてるとやっぱり来ました住民税。

住んでるだけでそんなに取られるような事してますか? ゴミ収集ぐらいしか恩恵受けてない気がするんだけどなぁ。

 

妖怪!

↑妖怪ブログってこと忘れてたので最後に申し訳程度に叫びました。