読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

スパイダーマンになれるならいいんだけどさぁ!

『妖怪へぇこいたの手記』

仕事中、なんだか靴の中のゴミが気になったので、一度脱いでトントンとしてみると、僕のつま先に弄ばれて死んだと思われるちょっと大きめの蜘蛛が出てきました。

 

疲れていなくて、元気ハツラツな時なら、思いっきりドン引きした挙句に「アメイジング!!」とか言えたのかも知れませんが、今日の僕はただ一言、「おぉ」と言っただけでした。

 

それと関係あるのかは解りませんが、今日は異様に疲れて、しかも途中意識が朦朧としました。

ほんとに、試しに、一度だけ、軽くジャンプしてみたんですが、やけに高く飛べちゃったり壁にくっついたりはできませんでした。ちぇ。

妖怪蜘蛛男……。スパイダーマンという響きとのこの格差はなんなのか。

 

虫たちがうごめきはじめました。

 

ついでに早速の面白ゴキちゃんトークもしちゃいます。

今年初のゴキちゃんは、風呂場のど真ん中にひっくり返った姿勢で僕と対面しました。

めんどくさかったので無視して、翌朝見てみるともうその場にはいません。

 

え。

死んだふり?

 

で、その日の夜お風呂に入る時に浴槽ザバーンしたら、多分そのゴキちゃんが浴槽の下辺りから流れ出て来ました。ちゃんとジタバタしながら。

もう何と言って突っ込んであげればいいのか解りませんでしたので、排水溝のフタをカパっと開けて、

「二度と来るなよこのウソツキ野郎!」

と心で叫んで流し込んでやりました。

 

死んだフリとか、死ぬって簡単に言うとか、そういうのは例え地球の大先輩ゴキ様でも許しません。

 

戦いの始まりと捉えるか、いつものカレが戻ってきた、と捉えるか。

もう一年経ったのか……。