読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

笑い地蔵(わらいじぞう)


「まんが日本昔ばなし」 にっぽん昔ばなし - YouTube

 

笑い地蔵(わらいじぞう)

 

むか~しむかしのそのむかし。

今でいう静岡に、大きな声で笑うと伝わる化け物の噂があったそうな。

 

ある日腕に自信のある侍が、近くの宿に泊まっておった。

 

「おぉイヤだイヤだ。また笑われちゃった。怖い怖い」

「むむ。女将よ、何をそんなに怖がっておるのだ」

「あらお侍さんごきげんよう。この辺りには一つ目の笑い入道が出るんでございますよ。知りませんでしたか?」

「おい、その噂は本当か? 女将」

「本当も何も、昨晩も荷物を運んでいるところを笑われたんでございますよ。でもお侍さん、間違っても退治しようなんて考えたらいけませんよ。一つ目入道が出る辺りは六地蔵が祀られています。お地蔵様のイタズラかも知れませんからねぇ」

 

侍はそんなこと考えておらぬ、とウソをついた。

そしてその晩、侍はそろ~りそろりと宿を抜け出し、女将が言っておった場所へといそいそと向った。

 

「やい笑い入道とやら! いるのなら姿を現せ!」

 

ざわわ、ざわわ、と音がした。

 

「ゲラゲラゲラゲラ」

 

不気味な笑い声が響いて、侍は腰を抜かしそうになった。目の前には一つ目の入道が舌をぺろんと出して――

 

「ゲラゲラゲラゲラゲラ」

「あわわわわわ……。ぐぐぐ、負けるものか。えいやっ!」

 

ズバっという手ごたえがあり、一つ目の入道は奇声をあげながら消えていった。侍はその場にへなへなと座り込み、しばらくぼうっとしてしまった。

 

――次の日の朝、侍が起きて出立しようとすると、女将が立ち話をしている所へ出くわした。

 

「――そうそう、誰かがイタズラしたみたい。でもお地蔵様を斬るだなんて、罰当たりな人もいるんだねぇ」

 

侍は嫌な予感がしてすぐに昨晩入道と戦った場所へと向かった。

するとそこには、斜めにバッサリと斬り落とされたお地蔵さんがあった。

 

「あの化け物の正体はお地蔵様だったのか……」

 

侍は斬られてしまったお地蔵さんに手を合わせ祈ると、すぐにまた次の宿を目指して出発した。

それ以降、そのお地蔵さんは「袈裟斬り地蔵」や、「笑い地蔵」と呼ばれ今尚その場に残っているのだそうな。

めでたしめでたし。

 


人間っていいな - YouTube