読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

重くて黒くて怖いアレ。黒玉(くろだま)

黒玉(くろだま)

夏の夜などに、寝ている人の元へ現れる。蚊帳をすり抜け、静かに寝ている者へ近づき、上に乗っかって重みを与えたりして呼吸を苦しくさせる。

そして黒玉のせいでさんざ冷汗寝汗をかいて目を覚ますと、必ず黒玉は消えているのだという。

それが妖怪黒玉である。

 

――さて、黒玉の記述を見て「あぁアレか」と思った方は多いかと思う。

そう、これはほぼ間違いなく金縛りに遭った際に起こる現象だろう。

前にも手記か何かで書いたが、僕も金縛りに遭った時には黒いナニカが近づいて来たり、息をしにくくされた。

そして妖怪黒玉は、人が目を覚ますとそこにはいないという。

そりゃ金縛り中の幻覚であるわけで、目が覚めたらそこにはいないだろう。

 

ただ、一つ気になるのが、「夏の夜」とわざわざ書いていること。

それは「蚊帳をすり抜ける」という描写の為かも知れないが、金縛りが正体だとしたら季節は関係ないはずである。

 

――が、この妖怪、水木先生の本に出てくる妖怪なのだが、一次出典が不明で、水木先生のオリジナルの可能性もある。

となると水木先生の体験に基づいたものなのかもしれない。

 

因みに僕のトラウマ黒玉といえばこれ↓

f:id:youkaiwiki:20140405223006j:plain

 

よくじいちゃんに無理やりなめさせられた。