読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

妖怪「証明写真の時変顔にしかならない」が僕にまとわりついていて泣きたい

『妖怪へぇこいたの手記』

就活も相まって、ここの所、証明写真を撮る機会が度々ありました。

あれキライです。

撮るのも恥ずかしいですし

(スーパーとかコンビニの外にあるアノ怪しいボックスに入るのを誰かに見られようものなら「あら、あの子いい歳して転職かしら? それとも無職でようやくアルバイトする気になったとか? とにかくマー君、あんなダメ男見ちゃだめよ、行きましょ」とか思われるんじゃないかと誇大妄想狂の僕は思うわけです)

、何度撮りなおしたって変な顔してる自分しか映らない。

( ゚д゚)ハッ!

……そうか僕はそもそも変顔なのか……。

ともそりゃ少しは思いますが、鏡でニコリンッ☆とスマイルかます僕はもう少し爽やかなはずなのです。

 

今回の就活で使った証明写真は、過去の失敗を踏まえてにこやかに、けれどもウザ過ぎない程度にスマイルして撮ったのですが――出てきた写真は不敵に笑う「強盗殺人容疑で送検される容疑者」そのもの。

これは絶対妖怪の仕業。

こんなんじゃないもん。絶対こんな顔しなかったもん。ママー、このきかいおかちぃよぉ?

 

んで。

新たな職場への初出勤前に、しなければならなかったことを最近片っ端からやっています。その内の一つが、免許の更新と、小型二輪免許の一発技能試験受験。二つでしたけど。

一発試験なんていうのがあること知ってました?

すんげぇ厳しいんですが、受かれば教習所に通わずに免許ゲッツできる玄人(または貧乏人)向けのガチ試験。

白バイに捕まった数年前の悔しい想いを僕は忘れておらず、もうワンランクだけでいいから上のバイクに乗りたい、と常々思っていたのです。

目標は受験3回以内に合格すること。一発じゃねーじゃんとかいうツッコミ要りません。

最近はそのコース図(安全確認やウィンカーのポイントを書き込みまくったの)の丸暗記と、路上での模擬練習を通勤時に行う日々。

法規走行って予想以上に難しく、予想以上に実際に路上でやったら危なく、想像以上に細かいもんナンデス。

 

閑話休題。

 

そんなわけで免許の更新時と、一発試験の手続きの時に証明写真をまたまた撮ったんです。

免許更新の写真は、セルフじゃなくて撮ってくれます。

「もっとアゴ引いて~」とかなんとか言われながら、真剣な眼差しで撮られ、数時間後に受け取った新しい免許を見て感動。

「めっちゃいい顔だ!」

奇跡です。こんないい写真が撮れたこと今まで一度も……いや待て。

表情はマシなんですが、もみあげの辺りが明らかに不自然にハネている。

直前までインフル対策でマスクしてて、それを慌てて取った為にもみあげらへんが根こそぎビョイーンしたものと思われます。

最高にださい。

これはやっぱり絶対妖怪の仕業。

 

フン。でもなんとなくコツは掴んだ(僕は一体何と戦っているのでしょうか)。

その後今度は一発試験用写真をあのボックスで撮りました。

変に笑顔にしようとするから駄目なんだ。キリっとした顔で――パシャリ。

 

――そしてストンと受け取り口に出てきたのは凶悪殺人犯の顔。しかも今度はなぜかムスっとしてらっしゃる。

これはもう間違いなく絶対妖怪の仕業。

 

もし今度また証明写真をあのボックスで撮ることがあって、また変顔で撮りやがったら、ボックス破壊して中から妖怪引きずり出して塩かけてニンニク食わせて耳元で南無南無囁いてやるから覚悟しときなさい。