読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

水木プロに聞いてみた話

『妖怪へぇこいたの手記』

水木プロは本当にプロだった


妖怪と言えば水木しげる、という程に言うまでもなく水木先生は妖怪界の第一人者、いや、大妖怪です。

この妖怪図鑑では当然ながら勝手に水木先生の描いた妖怪画を使用したりはしていませんが、石燕だ北斎だ国芳だと紹介している中になんとか水木先生の絵も紹介したいよぅ! という思いから、水木プロに直接メールしてみたのです。

なんと書けばいいかもわかりませんでしたが、とりあえず「調布市に住んでる」という事と(あれ! 奇遇だなぁ! 先生のお家と近いじゃないですかぁ!! という作戦)、この妖怪図鑑のURLと、妖怪愛をしこたま書き連ね、最後に「ーーですので先生の絵を使用できないでしょうか?」と結びました。
今思えば無礼で何言ってんだコイツ? な内容ですが、ともかく僕には一般常識の大部分が欠けているので仕方ありません。

ーーで。
かれこれ待つこと二週間ほど。返信が来ました。
「個人の方には画像等の使用許可を与えていない」とのこと。
そう、水木先生の妖怪画って、ネットで探したりすればわかるかと思うのですが、ビックリするほど厳密にプロテクトされているのがわかります。無断転載したような画像もほぼ見当たらない。
プロの仕事や!

そして、最後に、「これからもまだまだ寒い季節です。風邪などひかぬようお気を付けてお過ごしください」みたいな内容の事が、定型文っぽい感じじゃなく書かれていました。
それに僕は本当に感動してしまい、
「逆にありがとうございます! 優しいお言葉に涙がこぼれ落ちそうです」
とかなんとか、やめときゃいいのに長々とまた返信しちゃいまして、今思い返しても恥の上薬? 恥の二度塗り? ああもういいや恥のヌリカベなことをしてしまったのです。

以上、水木プロはプロダクションでもありプロフェッショナルでもあった。そんなお話。
水木先生の絵は使えなくとも、魑魅魍魎は至る所にいます。
めげずにぎゃんばる!