読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

脳が憑かれている~さぁ走りなさい~

『妖怪へぇこいたの手記』

さぁさぁ老若男女もお師匠さんも走っているようでございます。

僕もまた心がバタバタと忙しく、アルバイトもこれまた忙しく、師走の様相を呈しております。

昨年は12月後半からずぅっと無休だったもので今年も覚悟していたのですが、ポツポツとお休みがあってそれだけでも少し神様有難うと感謝したくなっちゃうような心持ちです。

毎年毎年そうなのですが、なんだか物凄く心も体もせわしなくなる割には、当たり前ですが正月というのはあっけなくコンニチハするもので、きっと十日後ぐらいには普通に「今年の抱負」なんかをココで書いてたりするのかも知れません。

 

そんなせわしない日々のせいかどうか判りませぬが、最近どうにも脳が憑かれています。疲れている、でもいいんですが、別に憑かれている、と書いても大した差はないように思える調子なので妖怪図鑑らしく憑かれている、で通します。

まず寝つきが悪い。更に寝起きも最悪。それでいてよく悪夢を見る。

昨晩なんかは奇跡的に「夢を覚えている日」でして、その夢というのは渋谷(多分)辺りを散々駆け回りながら悪党にからまれたりかつての旧友に厭味言われたりする厭な夢でした。

それに、いっつも眠い。

寒いせいもあるかも知れませんが、きっと脳が憑かれていることが最大の原因な気がするのです。

――っていうかいきなり思いましたが、12月は師走じゃなくて「せわし」の方がいいんじゃないでしょうか。

 

――んで、脳が憑かれている時って、冗談ではなく妖怪とか見えちゃうんじゃねぇか? という気になる時があります。なんか現実感がなくなって、柱の影からうわんか何かが「うがぁ!」って出てきそうに思える時があるんです。まぁ、うがぁ!って出てきたらそれもう「うわん」じゃなくて「うがぁ」ですが。

 

さて、また繰り返しますが今年もあと十日ほど。

良く考えれば、この時期が一番イベントが凝縮されている時期ですよね。和洋問わずめちゃくちゃにイベントラッシュです。

メリークリスマスでサンタ(お父さん)に無理強いしてからの除夜の鐘聞いて明けましておめでとうございますして団子焼いたらバレンタインで告白して鬼(お父さん)に豆ぶん投げてスッキリ、みたいな。

12月は師走でいいけど、冬は「せわし」でいいんじゃないかとまたまた思いました。

走ります。