読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

ぬらりひょんに失礼な妖怪「ふらりひょん」

『うぃき的現代妖怪絵巻』

f:id:youkaiwiki:20130828213501j:plain

 

ビビビの鼠様提供「ふらりひょん」

 

ぬらりひょんが超絶劣化した姿……と言うのすらぬらりひょんに失礼なのではないか、と思う程に色々とイライラする妖怪「ふらりひょん」。

秋葉原に少し前までは頻繁に現れたらしいが、最近ではめっきり見かけなくなってしまった。

画像を見る限りでは人と見分けがつかない様にも感じるが、物凄く小さいのですぐに妖怪と解る。

なぜこのようなぬらり的な名前かというと、気付けば背後にいたりする「ふらり」っぷりと、同じように「ひょん」と消えてしまうことから名づけられたという。

しかし!

そのオタッキーな見た目とは裏腹に、このふらりひょんはとんでもないものを必ず、消える際に残していく。

そう、おならである。

そして、このふらりひょんの真の恐ろしさはそのオナラにある。

なんとそのおなら、最高にイイニオイなのである。

この見た目、妖しすぎる登場の仕方、なのに! 残りっ屁だけは! すごく良いにほいなのである!

そこは臭くてよかったのに! そこはむしろどうかくっさいのお願いします!

 

――妖怪ふらりひょん、本当はイイヤツなのである。

それはふらりひょんの屁の臭いが如実に物語っている。

人も、妖怪も、見た目だけで判断してはいけないのだ。ほんとに。