読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

ほっこり妖怪「他眼息珠(ためいきだま)」

『うぃき的現代妖怪絵巻』
f:id:youkaiwiki:20130827164851j:plain
kawa様提供「他眼息珠」
 
「はぁ〜」
と、ため息をつくと、そのため息はどこに行ってしまうのか?
 
人の悩みやストレスを多分に含んだため息は、重い息となって人々の足元へとゆっくりと降り積もり、精霊となる。
 
眼だけが付いた「他眼息珠」と呼ばれるソレは、妖怪として知られてはいるが恐れられることはない。
それどころか、他眼息珠達は時間が経つとゆっくりと消えていってしまうため、切なさすら感じられる。
因みに、人々が苦悩のため息をつくと、必ずこの他眼息珠は生まれているのだが、それに気付く人は少ない。
 
ため息をついてしまうような気分の時は、少し気持ちを落ち着けて、上を向いて行こう! と思うだけでなく、下を向いて他眼息珠を探してみるのもいいかも知れない。
時には足元に気分転換のタネが転がっていることだってあるかも知れないのだ。
 
今日も他眼息珠は無数に生まれ、地上に積み重なり、そして誰かに蹴散らされながら消えて行く。
それでも彼らはその眼を閉じる事はない。ストレスや苦悩の中にも、見出すことのできる何かがあるのだと言わんばかりに。
 
――でも今日も「はぁ~~~」。