読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

鷺池平九郎(さぎのいけへいくろう)

『和漢百物語』
f:id:youkaiwiki:20130807124417j:plain
『和漢百物語』より「鷺池平九郎」
 
名前こそ仰々しいが、鷺池平九郎は河内国の普通の農夫である。
しかしながら楠木正行に仕えた武将として『楠木正行戦功図会』に大々的に書かれたことから、一躍武者絵で描かれる人物となった。
実在した人物ではないようだが、巨大イノシシ退治や、うわばみ退治など、いくつも武勇伝があり、絵にもされている。
 
ーーさて、この芳年の絵はうわばみとの対決のもの。
解説文には、「釣りをしていた平九郎を、丸呑みにしようとするうわばみの姿が水面に映った。しかし平九郎はビビることなく、うわばみに鉄拳をかまし、さらに両顎を左右に引いて引き裂いた」
とある。
ただ、絵を見る限りでは、左下に映るうわばみが「上にいる姿が映ったもの」なのか、それとも「引き裂かれて捨てられた後の姿が水中に見えている」のか、ハッキリとわからない。
平九郎は上を見ていることから、やっぱり上にうわばみがいて、それが写っている気もするし、平九郎は退治後に見栄を切っていてる、とも考えられる。
こういう風に絵について深く考え、絵解きをしようとするのも面白くってよろしい。
暑い夏も、浮世絵見ながらウキウキ過ごそうぜ!
・・・・・・なんてキャッチコピーはどうでしょう。