読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

妖怪じゃなくて幽霊見ちゃった

『妖怪へぇこいたの手記』

どうやらこればっかしはガチで見てしまったっぽいので、ちょっと書いちゃいます。

前から言ってますが、霊感も妖感も皆無な僕は、見たいのに逢えた試しがありません。妖怪図鑑なんか作って妖怪紹介しまくってるんですから、少しぐらい現れてくれたってよさそうなモンですが、妖怪さんも忙しいようで。
 
しかし、遂に僕は本格的な霊体験をすることができました。
これはつい一昨日に、アルバイト先で起きた出来事です。
 
その日は暇でした。現在はレストランのキッチンにて来る日も来る日も安時給で酷使されてるわけですが、たまには極端に暇な日というのもあるものです。
で、作りが比較的新しい職場の厨房には、ホール側の様子や来客時の入口付近の様子が解るモニターがご丁寧に設置されてまして、それで来店したお客さんの事が解るようになってます。
 
先に述べたようにその日は暇でして、なんだかぼぅっと、一緒に働いていた大学生のイケメンとモニターを眺めてました。(誰が何と言おうが僕の中では最高にイケメンな爽やか笑顔の好青年です)
 
――すると、来店を告げるチャイムが鳴り、入口付近を映すモニターに元気に駆け込んでくる子供が見えました。そしてその後ろからお母さんと思われる女性。
「二人、だね」
と僕は言いました。
しかし、ホールの主婦のパートさんは「お一人様でーす」と言いました。
僕は「子供抜きで、でしょ?」と聞きましたが、パートさんは???といった顔で「いえ、お一人ですけど」。
うあぁぁぁぁ!!
です。
うぁあぁああああぁ!!
です。
そう、僕が確かに見た元気よく駆け込んで来た子供。そんな子供は、来ていなかったのです。
もう僕は怖くなっちゃいまして、かくかくしかじかこういうわけでね、とパートさんにも、大学生のイケメンにも言いました。
すると、まるで心霊番組のナレーターの如く、大学生のイケメンは言いました。
「そういえばこの辺は、今日からお盆なんですよ」
なんでそんなこと言うのぉぉぉ!!??
まぁ、嘘ではないんですが、そんなの聞いたらますます僕が見たのは「幽霊」になっちゃいます。
なんで妖怪さんじゃないのぉぉぉ!!!?
しばらくはその話題で持ちきりでした。
そのレストランの真裏が墓地であることや(ガチ)、お盆のシーズンになると誰もいない厨房から話し声が聞こえること、お盆シーズンは誰も来てないのに来店のチャイムが鳴ることが多い、勝手にトイレの鍵が閉まる……とか。
そんな恐い話をしている時でも、爽やかイケメン大学生は男でも卒倒しちゃうような笑顔を振りまきながら脅かしてくるので許せません。と思った一秒後にはその笑顔で全てを許しちゃうわけですが。
 
調子に乗って少し面白おかしく書きましたが、その日は帰り道も、帰ってからも、呪怨な男の子が隠れてやしないかと物凄くビビって過ごしました。
 
ーーさて、当然僕はそこまでハッキリ子供の姿を見てしまった今でも、自分自身を疑っております。
あくまでモニター越しにしか見ていませんし、偶然何らかのノイズか何かが子供の姿に見える可能性もあると思うわけです。とはいえ、お盆の入りだったことなどの「オカルト指数」は非常に高く、更に僕の脳裏には鮮明にその姿が今でも残ってますし、霊感のある人なんかに聞けばそりゃ「霊です」と言うんでしょう。
 
ちなみに、僕の中では「妖怪好きな幼くして亡くなってしまった少年の霊」ということにしてます。で、ここら辺のお盆が終わるのが今日。今書いたところで、きっとあの子供も帰り支度してて呪い殺しに来たりはしねぇだろう、とタカをくくって書いてるわけですが……もし明日、僕が変死体か何かで見つかったらその幽霊の仕業だと思ってください。
 
で。
今現在の心境ですが、特になんともその件については思っていません。
もっと怖がるべきなのか、もっと盛り上がるべきなのか、それは解らないのですが、長い事妖怪について調べてきて、そういうのがいて欲しい、と割と真剣に願ってきた結果、体験したことの無かったソウイウ体験も、案外素直に受け入れられている自分がいます。もちろん、それが完全に霊だった、なんて僕は断言できませんし、出来る人はいないでしょう。とにかくそれが霊であろうとなかろうと、別にどっちでもいい気がしてます。
ただひとつ、次回また会えるのならお願いしておきたいことがあります。
もっと! 堂々と! 直に出てきてくれ!
それなら僕のリアクションももう少しマトモで激しいものになるはずです。
 
そういえば鳥山石燕は妖怪画集内で幽霊を描いてましたね。

f:id:youkaiwiki:20130803234001j:plain

 

 
ってことは妖怪見た、とも言えますね。
でもなんだろう、この、全然嬉しくない気持ち。
だから! もっと! 直で来い!!
 
ちびるけどね。