読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

縊鬼(いつき)

f:id:youkaiwiki:20130603122245j:plain

『夜窓鬼談』より「縊鬼」

 

縊鬼は死神にも似た妖怪であり、首吊り(縊死)を誘発する恐ろしい妖怪でもある。

『絵本百物語』における死神の説明にも「首吊りなどを誘う」と書いてあることから、『絵本百物語』の死神も縊鬼を描いたものかも知れない。

 

中国にも同名の妖怪が伝わっており、それによると縊鬼は死んでしまった者が冥界を去るべく転生するには、代わりの死者を連れてこねばならず、冥界に住まう死者は時にアグレッシブに代わりの死者を自ら「作りに」いくこともあるのだと言う。

しかし代わりの死者を自ら連れてくるには条件があり、その条件というのが「自分と同じ死に方で」ということらしい。

その為縊鬼になるのは首をくくって死んだ者のみであるとか。

 

この縊鬼のもたらす突発的な「死にたい願望」はかなり強烈で、それまで何の不自由も不満も無く暮らしていた者でも突然死にたくなると思わせるほど。

現代でも未だ首吊りによる自殺者は多いという。

もし周りに突発的に首を吊ろうなんて思っている人物がいたら、全力で止めてあげよう。もしその人物が縊鬼に憑りつかれた際に一人でいたのなら……

 

現代の縊鬼譚

これは非常に公になってはマズイ情報です。そこのところはお願いしますよ。

――自殺者が年間でどれだけいるか、知ってますか? 年々自殺者数は増え続けていて、2年程前に遂に3万人を超えました。その内、自殺手段の内訳を言いますと、なんと首吊りが総数の3分の2を占めます。はっきり言って、現代で死のうと思ったらもっと楽で、効率の良い死に方なんていくらでもあるんです。私は専門家ですしね。それなのに首吊りが群を抜いている。なぜだと思いますか?

妖怪の仕業――と言ったらあなたは信じるでしょうか?

首吊りは、別では『縊死』と呼ばれます。そして、この首吊り自殺が多いことに関係している妖怪が『縊鬼』と呼ばれる妖怪です。私も姿は見たことありませんよ。ただ、妖怪の仕業とするしかないような事例が数多くあるんですよ。

恐らく誰でも聞いたことのあるような事例ですと、「それまでは何の不満も無く生きているように見えた者が突然首を吊った」という類の事例です。よく聞きませんか? その手の話を。

また、少し特殊な例ですと、突然友人からメールや口頭で「ちょっと首吊ってくるわ」のような事を言われ、実際にその発言者が首吊りをしてしまう――なんてこともままあります。まるで散歩いってくる、というような調子で言うんだそうですよ。

これこそ「縊鬼」の仕業。誰でもいいんですよ。縊鬼は、無差別である目的の為に人に首を吊らせるんだそうです。

ある目的というのは、地獄の人口調整の為と言われています。これは中国での伝承ですが、地獄では人口は一定に常に保たれている。そのため、もし地獄から抜け出れそうな者が現れた時、強引に現世から死者を連れて来なければならないらしいんです。

これはあくまでも伝承ですし、創作でしょうけどね。

それでもなお、目撃もしていない私が妖怪「縊鬼」の存在を信じるのは、首を吊って亡くなってしまった者のほとんどが、「鬼に呼ばれたから」と言うからなんです。いえ、正確には「書くから」ですけどね。遺書に書いてあるんですよ。そのようなことが。その遺書の最も恐ろしいところは、皆一様に「鬼に呼ばれた」ことを誇っている点です。そこから察すると、「縊鬼」に呼ばれた者はある種の洗脳状態になってしまうのでしょう。

警察なんかも当然知ってますよ。知ってるも何も、警察には妖怪専門の部署があるのを知りませんか? 確か生活安全局の中の課だったと思うんですけど……。当然、一般の方には公表されてません。

因みに、「縊鬼」に呼ばれてしまった際の対処法などはわかりません。どのような人物が呼ばれるのか等の詳細は全く判明していませんし、現段階では無差別という説が最も有力ですから。

神も仏も無いんですよ。

妖怪ですからね。