読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

北斎漫画とは?

「妖怪画解説」
北斎漫画(ほくさいまんが)は、名前の通り葛飾北斎による絵手本集。
北斎で有名な『富嶽三十六景』などは北斎がかなり老いてからの作品であるが、この北斎漫画は北斎の年齢的な全盛期である50歳頃に描かれたものである。
北斎漫画という名前の由来は、「気の向くままに漫然と描いたから」である。
写生を重んじた北斎の、ありとあらゆる物を描いたこの『北斎漫画』には実に4000点以上の絵が収められており、様々なジャンルに分けられて全十五編にも及ぶ。
ありとあらゆる、ってどういうこと?
と聞かれたら、本当に「ありとあらゆるもの」としか言えない程、風景、人物、動物、植物、幽霊、妖怪となんでも描いている。

この妖怪うぃき的妖怪図鑑では、もちろん妖怪の項に絞り紹介していく予定。
しかし写生であるのに妖怪も描かれているというのは一体……やっぱりいるのか!!??

ありとあらゆる、の例↓(笑)
f:id:youkaiwiki:20130526161752j:plain