読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

妖怪うぃき的妖怪図鑑の使い方

『妖怪へぇこいたの手記』

当妖怪図鑑妖怪検索指南

妖怪へぇこいたです。

妖怪さん達もこの妖怪図鑑に随分増えてきました。

ブログというモノで頑張って足掻いて見たい妖怪見れるようにはしてますが、いかんせん量が増え、カテゴリが増え、ごちゃごちゃしてきちゃいましたので一反木綿です一旦纏めます。

つまり、妖怪図鑑として、知りたい妖怪を探しにココへ訪れて(あるいは迷い行き着いて)しまった方の為にこの「妖怪うぃき的妖怪図鑑」での効率のよい妖怪の探し方を書くよ! という偉そうな項です。

そういう説明無しに使いやすい妖怪図鑑にしろよ――なんて意見はグッと飲み下してください。

追記:いくつかの纏まりを、新たに別記事として作成し、トップページをすっきりさせました。 加えて、一気にスマホ最適化したのでスマホからでも比較的知りたい妖怪を探しやすくなったと思います。

 

・妖怪名で探す

妖怪名が解っているのなら、サイドバー→の妖怪図鑑内検索を直接利用するか↓にて探してみてください。


妖怪うぃき的妖怪図鑑 五十音順妖怪検索の項 - 妖怪うぃき的妖怪図鑑

 

但し、「漢字は解っていても読み方が自分が思っていたのと全然違う!」というケースが妖怪さんにはよくありますので、五十音メニューに無ければ検索するとよいです。

それでも見つからなかった場合は、僕の怠慢を呪うか、問い合わせフォームよりメールください。

あと、一応妖怪図鑑という名前なので、浮世絵師等が絵を描いていない妖怪は載せていない場合が多いです。水木しげる先生の絵は、現状版権等が絡むのでこれまた載せておりませんのであしからず。

 

・画集別妖怪画像一覧から探す

もっと早くやっとけばよかった……。

というわけで遂に画像一覧記事を作成してます。

小さいサムネイルでその画集の妖怪画一覧から絵で見たい妖怪を探せます。

どう考えたってこれを最初に作るべきでしたが、重い腰を上げて作成しておりますので画像一覧の項、どうか使ってくだせぇ。


妖怪画集別記事一覧 - 妖怪うぃき的妖怪図鑑

 

・浮世絵師、絵師名で探す

妖怪画を描いた人物のみ解っている場合、浮世絵師紹介の項を辿ると良いです。ただ、現段階ではあまり多くの絵師紹介はできていないのであまりアテには出来ないかも知れませんごめんなさい。

浮世絵が出来るまで、という記事も書きました。これを見ると何気なく見ていた妖怪画も違う視点から、職人たちの技を垣間見ながら眺められるようになると思います。どうかご覧ください。


妖怪画を描いた浮世絵師紹介 - 妖怪うぃき的妖怪図鑑

 

・都道府県別で探す

都道府県別妖怪検索ページを新設しました。ピンポイントな都道府県に伝わる妖怪が知りたければどうぞ。ただし、記事内にその都道府県に関する記述があるとは限りませんので許して下さいませ。


妖怪検索~都道府県別の項~ - 妖怪うぃき的妖怪図鑑

 

・妖怪の種類で探す

新たに種類別のまとまりを作成しております。ぶっちゃけもっと早く書くべきだったのですが、いかんせん数が揃わないとまとまりにならないのでようやくです。

「狸の妖怪を探したい」とか、「おばあちゃん妖怪が知りたい」などの要望に応えられる項目だと信じたいです。


妖怪うぃき的妖怪図鑑特集記事一覧 - 妖怪うぃき的妖怪図鑑

 

・管理人の事を知る

僕、へぇこいたがどういう奴なのか知りたい方は、一応唯一のプライベート記事のカテゴリである「妖怪へぇこいたの手記」内記事を適当に眺めていただければ少しは解るかと思います。実はホントにここだけの話ですが――僕は人間です。妖怪だと言い張ってきましたが、人間なのです。本当にごめんなさい。

 

・読み間違い妖怪を見てみる

新たに読み間違いの多い妖怪一覧の記事を書きました。もしかしたらそこにあなたが求めていた妖怪が隠れているかもしれないので、ぜひご覧くださいませ。


読み方を間違えやすい妖怪一覧 - 妖怪うぃき的妖怪図鑑

 

――我ながら実にそれっぽい、偉そうな記事を書けたと満足です。

どうか心行くまで妖怪さんを探してみてください。

では最後に、今の僕の心情を表した絵を一枚貼って撤退いたします。

 

『風俗三十二相』より「うれしさう」

月岡芳年『風俗三十二相』より「うれしさう」