読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

清盛福原に数百の人頭を見るの図

『新形三十六怪撰』

f:id:youkaiwiki:20130513112246j:plain

『新形三十六怪撰』より「清盛福原に数百の人頭を見るの図」

 

この絵は平清盛が福原にて出会ったと『平家物語』に書かれている髑髏を描いたもの。

石燕が「目競(めくらべ)」と題して描いたものと同じ。

しかし芳年は妖怪としてではなく、錯覚として描いていることにご注目。

心の休まる時の無かった清盛はノイローゼ気味になることもよくあったようで、そんな心理状況から、錯覚で怪異を度々見てしまったのかも知れない――という芳年なりの解釈がよく解る。

実は芳年が同じエピソードを描いたものはもう一つある↓

f:id:youkaiwiki:20130513113155j:plain

平相国清盛入道浄海

 

この絵では雪を髑髏と見間違う清盛が描かれており、やはり錯覚であるという描き方。

ただ、これは単に「清盛が錯覚を見やすかった」と捉えるだけではなく、芳年自身も神経衰弱を患っており、様々な幻覚を見ることがあったと云われていることから、芳年としては実体験も踏まえた「きっとこうだったんだよ」というメッセージが隠れている気もする。