読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

浮世絵師・鳥山石燕(とりやませきえん)

鳥山石燕・1712年〜1788年

当妖怪図鑑ブログにおいても最もお世話になった、「画図百鬼夜行」シリーズを描いた鳥山石燕。

水木しげる先生の絵も、かなりの妖怪は石燕が描いたものを真似ており、石燕の妖怪画を知った上で水木しげる先生の絵を見るとかなりニヤニヤできる。

 

石燕の妖怪に対する想いはなかなかのもので、国内に留まらず中国やインドなど様々な国の書から知識を得て、ユニークでどこか可愛らしさもある妖怪を沢山描いた。

狩野派について絵を学び、群を抜いた博識っぷりで有名だった石燕だが、実はこの画図百鬼夜行シリーズを描き始めたのはかなり老いてから。

さらに凄いのは、これらの妖怪画は営利目的とかではなく、本当に老後の嗜みとして描き始めたということ。

それが後年までこうして愛され、さらには妖怪のルーツとまで言われるようになるのだから凄い。

また、石燕はその知識だけでなく遊び心も持ち合わせた人物で、妖怪画に洒落や絵解き要素をふんだんに盛り込んでいるのもたまらない。もちろんマジメな妖怪も多数あるが、色々見たり調べたりすると洒落だったり言葉遊びだったりする妖怪も多い(石燕の妖怪画の内、三割はそういった創作妖怪だとか)。

 

尚、僕は石燕の墓にお墓参りに行ってからこの妖怪図鑑を作り始めた。何しろ石燕の絵を使いまくってるわけで。

きっと僕の背後には石燕先生の霊が憑いてるに違いない! 道理で最近肩が凝るのか!

最近ようやく石燕の『画図百鬼夜行』シリーズ妖怪を全部載せ終えたので、どうぞご覧くだされ↓

※リンクは当図鑑内画集別妖怪画一覧へのリンクです。ほんの少し重いです。

 

鳥山石燕妖怪画集 

『画図百鬼夜行』 

『今昔画図続百鬼』 

『今昔百鬼拾遺』 

『百器徒然袋』