読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

蛇帯(じゃたい)

『今昔百鬼拾遺』
f:id:youkaiwiki:20130410164503j:plain

『今昔百鬼拾遺』より「蛇帯」

博物志に云、人帯をしきて眠れば蛇を夢むと云々

されば妬る女の三重の帯は、七重にまはる毒蛇ともなりぬべし

おもへどもへだつる人やかきならん身はくちなはのいふかひもなし

 
蛇帯は、帯が蛇のようになった妖怪。
石燕の解説文にあるように、中国の書「博物志」には、帯を枕のように敷いて眠ると蛇の夢を見るという。
濡れ女道成寺の清姫のように、女性と蛇は昔からイメージで関連付けられてきた。この蛇帯もまた然り。
解説文には他にも、「妬める女の三重の帯は、七重の毒蛇になる」とも書かれており、嫉妬心が蛇(邪)を生むものであると解釈できる。
邪心と蛇身、邪体と蛇帯。
やっぱり女性は今も昔も恐れられていたんですね、わかります。
怒らせないよう精進精進。