読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

三味長老(しゃみちょうろう)

『百器徒然袋』
f:id:youkaiwiki:20130403150437j:plain
『百器徒然袋』より「三味長老」
 
諺に沙弥から長老にはなられずとは、沙弥渇食のいやしきより、国師長老の尊にはいたりがたきのたとへなれども、是はこの芸にかんのうなる人の此みちの長たるものと用ひられしその人の器の精なるべしと、夢の中に思ひぬ
 
三味長老は見たとおりの三味線が付喪神化した妖怪。
かつては三味線弾きの名人が愛用していた三味線だったが、捨てられた後に妖怪となってしまった。
この三味長老には洒落が効いている。出家したばかりで正式な僧になれていない男子のことを「沙弥(しゃみ)」と呼ぶのだが、この三味長老も長老とは付いているもののまだまだ未熟な付喪神だ、という意味なのではないだろうか。
 
とにかく、べべんべんべんべんべべん、である。
 
意味は無い。