読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

加牟波理入道(がんばりにゅうどう)

『今昔画図続百鬼』
f:id:youkaiwiki:20130323160502j:plain
『今昔画図続百鬼』より「加牟波理入道」
 
大晦日の夜、厠にゆきて、がんばり入道郭公、と唱ふれば、妖怪を見ざるよし、世俗のしる所也
もろこしにては厠神の名を郭登といへり
これ遊天飛騎大殺将軍とて、人に禍福をあたふと云
郭登郭公同日の談なるべし
 
加牟波理入道は大晦日にトイレに現れるという変態妖怪。
しかしその際「がんばり入道ホトトギス」と唱えると消え去るという。
年の瀬にこんな変態にトイレをのぞかれたら、本当に最悪である。
なぜホトトギスで撃退できるのかは、昔からの伝承でトイレでホトトギスと言うと怪物が出ないという習わしがあったかららしい。
マジな事を書くと、中国発祥の妖怪「郭登(かくとう)」と日本の厠神とが混同した結果生まれたのだと言われるが、とにかく我らが石燕大先生の描いた↑の絵は色々な物が描かれているので、それら全ての意味を読み解ければこの妖怪の正体ももっとはっきりと解ってくるのだろう。
中国と日本のコラボレーションでオリジナルな妖怪が産まれることはよくあることである。
絵をじっくり見て、是非絵解きに挑んでみてほしい。
 
ところで、この「がんばり」という名前はなんなのだろうか?
トイレで頑張っている所に現れるからだろうか?
何にしろ、悪趣味変態妖怪であることは間違いない。
それでも負けるながんばれ入道!