読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

如意自在(にょいじざい)

『百器徒然袋』
f:id:youkaiwiki:20130308154302j:plain
『百器徒然袋』より「如意自在」
 
如意は痒きところをかくに、おのれがおもふところにとゞきて心のごとくなるよりの名なれば、かく爪のながきも痒きところへ手のとゞきたるばけやうかなと、夢心に思ひぬ
 
如意自在は『百器徒然袋』に描かれている如意の付喪神の妖怪。
如意という物を知っているとすれば孫悟空の如意棒ぐらいかと思うが、如意とは仏具の一種であり、また孫の手のようにも使われていた道具のことである。如意の意味は思いのまま、という意味。
 
石燕の解説文にも痒いところを書く物である、との記述があり、この如意自在は孫の手的な如意が妖怪化したものだと解る。
確かに絵を見ると角の部分が背中を掻くにはちょうど良さそうな形になっているが、如意自在の爪が長くて鋭いのも気になる。
痒みの具合によって使い分けてくれるのなら有り難いが、そうでないのなら背中が血だらけになるのは避けられそうにない。
ーーとかなんとか書いてたら背中が痒くなってきた。