読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

水虎(すいこ)

『今昔画図続百鬼』
f:id:youkaiwiki:20130308143247j:plain
『今昔画図続百鬼』より「水虎」
 
水虎はかたち小児のごとし
甲はさんぜんこうのごとく、膝頭虎の爪に似たり
もろこし涑水の辺にすみて、つねに沙の上に甲を曝すといへり
 
 
水虎は中国に伝わる水辺に生息する妖怪。日本に伝わった際、性質が似ていることから河童と同一視されたりしたが、伝承だけ見ればこの「水虎」の方が河童よりもずっと獰猛で危険。
全身が硬い鱗で覆われており、虎のような爪を持ち、膝頭にも虎の爪に似た鋭いものがついている。
石燕は画中解説文にて水虎の鱗をセンザンコウのようだ、と書いている。センザンコウとはアルマジロに似た鱗に覆われた動物で、今も昔も名前はセンザンコウである。そんな動物がいるなんて知らなかった。
 
因みに、水虎は河童の親分格であるという説もある。河童と異なり水虎が人を殺すのは、水虎が龍宮に仕えていて、人を殺すことで地位をあげられるから……らしい。
なんという水虎伝。