読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

山精(さんせい)

『今昔画図続百鬼』

f:id:youkaiwiki:20130307230244j:plain

『今昔画図続百鬼』より「山精」

山精は中国には安国県の山々に住むとされる妖怪。

石燕の解説文では「もろこし安国県に山鬼あり」と書いてあるため、石燕が描いたのは一応鬼であると想像できる。

目立った特徴は、鬼なのに角が無いこと、足が一本しかないこと、足が逆向きに付いている事等が挙げられる。

また、カニが大好物で、絵でもしっかりとカニを持っているのが解る。

山の動物たちの支配者という解釈もあるらしく、バランス悪そうな見た目でも侮れない。しかし一体どうやって走るのか? まさか背を向けて走ったりは……まさか……ね。

 

画中解説文

もろこしの安国県に山鬼あり。人の如くにして一足なり。

伐木人(そまびと)のもてる塩をぬすみ、石蟹を炙りくらふと、永嘉記に見えたり。

 

うぃき訳

中国の安国県に山鬼がいるよ。人みたいな姿だけど足が一本しかないよ。

木こりの持ってる塩を盗んで、石蟹を炙って付けて食べるって、永嘉記に書いてあるね。

 

『今昔画図続百鬼』一覧へ