読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

不知火(しらぬい)

『今昔画図続百鬼』

f:id:youkaiwiki:20130305162541j:plain

『今昔画図続百鬼』より「不知火」
 
筑紫の海にもゆる火ありて、景行天皇の御船を迎へしとかや
されば歌にもしらぬひのつくしとつゞけたり
 
不知火は九州を中心に伝わる怪火の一つであり、現代でも見る事が出来る。
主に不知火が現れるのは深夜で、海岸から数キロ離れた海上に無数の火が並んで見えるのだという。
 
ただし、悲しく悔しいことに、不知火はほぼ正体が解明されてしまっている。
深夜に主に見れるのは、潮の満ち引きが関係しており、様々な条件が重なった時に蜃気楼と似た原理で、遠くの出港している漁船の灯りが屈折して見えるかららしい。
 
科学で解明されるのは感心する反面、やっぱりちょっと悲しくてつまんない。