読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

影女(かげおんな)

『今昔百鬼拾遺』

f:id:youkaiwiki:20130304143351j:plain

『今昔百鬼拾遺』より「影女」
 
ものゝけある家には月かげに女のかげ障子などにうつると云
荘子にも罔両と景と問答せし事あり
景は人のかげ也
罔両は景のそばにある微陰なり
 
何の事は無い影の妖怪。
障子などに月に照らされて影のみが写るとされている。しかし石燕の絵↑を見てもわかるように、木の枝が、まるで女のような影を落としていることから、見間違いから生まれた妖怪である可能性も多分に含んでいる。
 
さらに石燕の画中解説文では、中国の書「荘子」にもうりょうと景(かげ)という妖怪についての記述があると書いてある。景は人の影であり、もうりょうは景のそばにある薄い影、だそうだ。
光を受けた人間の闇が景を産み、その景がまたもうりょうを産む。
なんとも面白い妖怪連鎖である。