読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

窮奇(かまいたち)

『画図百鬼夜行』

f:id:youkaiwiki:20130226143604j:plain

『画図百鬼夜行』より「窮奇」

 

窮奇は、『画図百鬼夜行』で石燕が描いた妖怪。鎌鼬とも書き、そっちの方が一般的。

石燕の描いた「窮奇」は、中国に伝わる「窮奇(きゅうき)」という妖怪が、風神としての側面も持っている為、鎌鼬と同一視して描いたものと思われる。

 

日本で伝わる鎌鼬は、主に雪国での伝承が多く、気付けば傷が出来ている不思議な風として伝わっている。

時に鎌鼬に切られた傷口は骨が見える程の深傷の場合もあり、死に至る場合もある。

なぜイタチなのかというのは、元はこの現象を「構え太刀(かまえたち)」と呼んでいたからとするものが濃厚。中国の「窮奇」に原型を求める考えもあるが、中国産窮奇はイタチというか牛なのでちょっと無理がある。

 

正体に関しては、先に述べたように雪国に主に伝わっていることなどから、凍傷やあかぎれが原因とされており、僕も「あぁなるほど」なんて思ってしまったが……いや、そんなはずはない。正体もクソも、窮奇は窮奇です。

 

『画図百鬼夜行』妖怪一覧へ