読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

風の神(かぜのかみ)

『絵本百物語』
f:id:youkaiwiki:20130222164923j:plain
『絵本百物語』より「風の神」

妖怪としての風の神は、偉大なる風神のイメージとは少し違う。

古来より病などをもたらす妖怪として恐れられ、風の神が吐く息に触れると病気になると言われていた。その為、風がもたらす邪気として、カゼを「風邪」と書くようになった。

風の神が吹く息は黄色で、陰陽五行では土にあたり、また湿気でもある。

邪気はものの隙間を狙って入ってくるものであると言う。貧乏神は人々の油断の隙間を狙い、風の神は暖かさと寒さの隙間を狙ってくるーーらしい。


画中解説文

風にのりて所々をありき、人を見れば口より黄なるかせわを吹かくる。

其かぜにあたればかならず疫傷寒をわづらふ事とぞ。


うぃき訳

風に乗っていろいろなところを歩き、人を見れば口から黄色い風を吹きかけるよ。その風に当たれば必ず病気になっちゃうんだ。