読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

山男(やまおとこ)

『絵本百物語』

f:id:youkaiwiki:20130220162824j:plain

『絵本百物語』より「山男」

山男は日本中の山々に伝わる、背の高い大きな人間の姿の妖怪。

稀に人を食う等の恐い伝承もあるが、基本的には人々の手伝いや、迷った人間の道案内等、友好的に書かれている場合が多い。

正体については、『絵本百物語』には「山の気が人間のカタチとなった」とある。

他には、実際の山に捨てられた人間の成れの果てとの説もある。

基本的にお酒が好き。

 

画中解説文

深山にはまゝ有者也。背の高さ二丈斗りにて、其形鬼のごとし。山賤など是に逢て逃ればあやまちあり。頼む時は柴を負て麓までおくれり。これ其力ぢまんとぞ。

 

うぃき訳

深山にはよくいるよ。身長は二メートルぐらいあって、まるで鬼みたいだよ。

猟師なんかは山男に逢った時、逃げちゃうとケガさせられちゃうかも。お願いをすれば、荷物を背負って麓まで送ってくれちゃったりもするんだよ。これは山男が力自慢したいからなんだけどね。