読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

鼬(てん)

『画図百鬼夜行』

鼬(てん)

『画図百鬼夜行』より「鼬」

まず最初に、本来テンは漢字にすると「貂」であるが、石燕の描いたテンはイタチが長い年月を生き、テンへと妖怪化したものであり、「鼬」と書いて「テン」と読んでいることに注意。

いまいちポピュラーではないが、三重県では「狐七化け、狸八化け、貂九化け」と言い、なんと狐狸よりも化けるのがうまいとされている。

因みに↑の絵で鼬達が積み重なっているのは、炎を現すものであり、鼬が絵のようになって現れた家は必ず火災に遭うと恐れられていた。らしい。

関係性は判らないが、このように動物が梯子のように積み重なる妖怪は他にもいる。鍛冶婆とか、小池婆とかもその類である。

「そういう習性がある」というよりは、「そういうイメージ」なのだろうと思うが、どういう風にイメージが飛躍して組体操するのかは僕はわからない。

 

鳥山石燕『画図百鬼夜行』妖怪画像一覧