読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

骨傘(ほねからかさ)

『百器徒然袋』

f:id:youkaiwiki:20130217151445j:plain

『百器徒然袋』より「骨傘」
 
北海に鴟吻と言へる魚あり
かしらは龍のごとく、からだは魚に似て、よく雲をおこし雨をふらすと
このからかさも雨のゑんによりてかゝる形をあらはせしにやと、夢のうちにおもひぬ
 
骨傘は唐傘の付喪神化した妖怪。
骨傘と書いて「ほねからかさ」と読むのに要注意。
骨ばかりになった古い唐傘がなると言い、踊り出すとも言われる。
「お、雨が降ってきたね。……良かったら、入るかい?」
なんて爽やかに開いた傘が妖怪骨傘だった時なんかもう、女性はイチコロである。なにしろシブい。
石燕は解説文にて鯱(しゃち)と骨傘との関係を夢心地に書いている。因みに鯱は海のシャチじゃなくてシャチホコのシャチ。なんだか違うらしい。