読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

木魚達磨(もくぎょだるま)

『百器徒然袋』

f:id:youkaiwiki:20130216205022j:plain

『百器徒然袋』より「木魚達磨」

 

杖払木魚客板など、禅床ふだんの仏具なれば、かゝるすがたにもばけぬべし

払子守とおなじきものかと、夢のうちにおもひぬ

 

木魚達磨は付喪神盛りだくさんな鳥山石燕の『百器徒然袋』に描かれている木魚の妖怪。

石燕の解説文にも、「払子守とおなじきものかと、夢のうちにおもひぬ」と書かれているように、仏具の付喪神である払子守(ほっすもり)と似たような妖怪であることが解る。

木魚には読経の際にリズムを整える用途の他に、眠気覚ましとしての意味もあり、木魚が魚と結びついているのも、昔は目を開けたまま眠る魚を不眠の生物と考えていたから――らしい。

また同じように達磨も時に不眠の象徴として描かれることもあるため、石燕が木魚と達磨を合体させて産みだした妖怪だと言われている。

石燕先生さすがっすなぁ~。


達磨! 臨済! 坐禅! THE☆ZEN!~禅問答~ - 妖怪うぃき的妖怪図鑑

 

『百器徒然袋』妖怪一覧へ