読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

震々(ぶるぶる)

『今昔画図続百鬼』

f:id:youkaiwiki:20130213170929j:plain

『今昔画図続百鬼』より「震々」
 
ぶるぶる又ぞゞ神とも臆病神ともいふ
人おそるゝ事あれば、身戦慄してぞつとする事あり、これ此神のゑりもとにつきし也
 
震々は、人が恐怖を感じた際に襟元に取り憑き、震えさせるという妖怪。
つまり人がブルブルっと震えるのは全てこの妖怪の仕業ということになるので、多分物凄く多忙な妖怪であると思われる。
石燕の描いた絵には、散らばったクワなどが見えるが、それが一体どのような意味で描かれたのか、石燕先生の洒落を読み解いてみて欲しい。
当然僕にはわかりません。
 
追記・コメント欄にて、「くわばらくわばら」という意味ではないか、と指摘して頂いた。
なるほど、クワがバラバラになって落ちているのだから、まさにそういう意味の洒落だと思われる。
くわばらくわばら。