読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

手洗鬼(てあらいおに)

『絵本百物語』

f:id:youkaiwiki:20130212110935j:plain

『絵本百物語』より「手洗鬼」

 

その巨大さ瀬戸大橋をも跨ぎ、山々に足をかけては大海にて豪快に手を洗う。

ダイダラボッチの一種とされる手洗鬼は、四国で主に現れたとされる巨人の妖怪。

やはりダイダラ一族はスケールが違う。

『絵本百物語』のダイダラボッチ族の記述では、

「ダイダラボッチは島々を片手に持ち、富士山に寄りかかって海を呑む」

とある。富士山に寄りかかるだなんて罰当たりである。

また、ダイダラボッチは国を作るとも言われるが、もしかしたらこの手洗鬼は国創り終了後に手を洗う清潔好きなダイダラさんの姿……かも知れない。

 

画中解説文

讃州高松より丸亀へかよふ入海あり。其間の山々三里をまたげて手をあらふものあるよし。

名はいかゞにや知らず。たゞ讃岐の手あらひ鬼といふ。

 

うぃき訳

讃岐の国、高松より丸亀へ通じる入海があるよ。その間の山々三里に跨って手を洗うヤツがいるよ。名前はシラネ。ただ讃岐の手洗鬼というんだよ。