読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

天井嘗(てんじょうなめ)

『百器徒然袋』

f:id:youkaiwiki:20130207233844j:plain

『百器徒然袋』より「天井嘗』

 

天井の高は燈くろうして冬さむしと言へども、これ家さくの故にもあらず

まつたく此怪のなすわざにて、ぞつとするなるべしと、夢のうちにおもひぬ 

 

なんのことは無い天井をペロペロ嘗めてくれる妖怪である。

古い時代の家屋は、天井を高く作るのが主流であった。すると部屋の灯りが届かない箇所が出来てしまう。それは、天井嘗が作った闇なのだ――と石燕は説明している。

この天井嘗も、『百器徒然袋』内の他の妖怪と同じく、徒然草に出てくる文章、「天井の高きは、冬寒く、燈暗し」を元に創作された妖怪であり、石燕の解説文にも似たような事が書いてある。

しかしなぜ天井嘗は腹が出ているのか?

そんなに天井には養分があるのだろうか?

 

『百器徒然袋』妖怪一覧へ