読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

山地乳(やまちち)

『絵本百物語』

f:id:youkaiwiki:20130206212407j:plain

 

『絵本百物語』より「山地乳」

 

まず、コウモリが年をとると野衾(のぶすま)という妖怪になり、さらに年をとると山地乳という妖怪になり、山中に隠れ住むらしい。まさかの進化型妖怪である。

山地乳は、眠っている人間の寝息を絵のようにチュウ~っと吸い取り、その様子を他の誰かに見られていれば寝息を吸われた者の寿命が延びるが、誰にも見られていなければ吸われた者は翌日に死んでしまうという。

キモイ妖怪に唇を奪われただけでも腹が立つのに、そのまま死んでしまってはそれこそ化けて出る羽目になってしまう。なんとしてでも吸われている間に気付きたいものだ。

 

画中文

このもの人の寝息をすい、あとにて其人の胸をたヽくとひとしく死するとなり。

されどもあいねまの人目をさませば、かへりて命ながしといふ。奥州におほく居るよしいひつたふ。

 

うぃき訳

山地乳は人の寝息を吸い、さらにその人の胸を叩くと同時に死んでしまう。

けれど、一緒に寝ていた者が目を覚ませば、逆に寿命が延びると言う。

奥州にたくさん生息していると言い伝わっている。

 

まさにギャンブル!