読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

野宿火(のじゅくび)

『絵本百物語』

f:id:youkaiwiki:20130206154521j:plain

『絵本百物語』より「野宿火」

 

野宿火は、街道、山中など場所を選ばず現れる怪火の一種。

誰かが火を焚いたかのように現れる火で、人が集まった後や遊山に行った人が去った後に現れ、消えたかと思うと燃え上がり、燃えたかと思えば消え、これを繰り返す。

また、火の中から人の話し声が聞こえたという話もあり、さらにこの野宿火は熱を持たないともいう。

そういえばそういう怪しい火、見た事あるような……

捕まえてレコーダー代わりにするのもいい。

 

画中文

きつね火にもあらず、叢原火にてもなく、春は桜がり、秋は紅葉がりせしあとに火もえあがり、人のおほくさわぎ、うた唱ふ声のみするは野宿の火といふものならん。

 

うぃき訳

狐火でも無く、叢原火でも無く、春は桜狩り、秋は紅葉狩りした後に火が燃え上がり、人の姿はないのに喧噪や歌が聞こえてきたら、それは野宿火のせいだよ。