読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

死神(しにがみ)

『絵本百物語』

f:id:youkaiwiki:20120828001516j:plain

『絵本百物語』より「死神」

 

日本の妖怪としての死神は、生死を司るというよりは「人を死にたくさせる憑き物」として伝わっていた。

『絵本百物語』には、悪念を持った死者の気が、悪念を持った生者の気に呼応して死へと導く――とあり、今とは少し違う死神観が見て取れる。

刃傷沙汰のあった場所は必ず清めないと、悪念がまた悪念を呼び、悲劇が起きてしまう。自殺や殺人事件が同じところで起きちゃうのも、そういうこと――と『絵本百物語』には綴ってある。

因みに、絵からも解るがノート落としたり、鎌持ってたりはしない。残念。

 

画中解説文

死神の一度見いれる時は、必ず横死の難あり。

自害し首くヽりなどするも、みな此ものヽさそひてなすことなり。

 

うぃき訳

死神を一度でも見てしまうと、必ず不慮の死を遂げる。

自殺したり首吊ったりするのも、全部この死神が誘ってるんだよ。

 

関連記事

死神を笑う奴はどこのどいつだ?