読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

狐者異(こわい)

『絵本百物語』

f:id:youkaiwiki:20130205204531j:plain

『絵本百物語』より「狐者異」

 

生前に食べ物への執着の強かった者が、死後にも食べ物への執着を捨てられずになるとされる怖い妖怪。

狐者異は他人の物を奪って食べるだけでなく、死体をも喰らうというから怖い。

竹原春泉の描いた↑の絵でも非常に怖い狐者異が描かれている。が、うどんを食べようとしているのだけは和む。一説ではうどんを食べようとしているのにも理由があり、うどんが消化にいいからすぐに空腹になるという意味――らしい。

因みに、しつこく文中で「怖い」と言ってきたが、この狐者異がこわい、の語源になっている――と『絵本百物語』には書いてある。