読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

恐いおばあちゃんだけじゃないよ? 妖怪山姥(やまうば)

『画図百鬼夜行』 『百怪図巻』

山姥(やまうば)

『百怪図巻』より「山うは」
 
山姥は文字通り山に現れる老婆の妖怪。
様々な説話があり、イメージする恐ろしい山姥だけでは無い。
怖い山姥のイメージで一般的なのが、道に迷った旅人を優しくもてなすが、旅人が寝たところを食べてしまうーーというもの。反して優しい山姥は様々な事を手伝ってくれたり、幸運をもたらしたりしてくれる。
これらの事から解るように、山姥の正体は恐らく普通の人間であり、山に捨てられた姥や、山で暮らしていた族、さらには山岳信仰に則り山に捧げられた巫女などが考えられる。故にそりゃ怖い人も優しい人もいるわけで。
しかし基本的に恐ろしいイメージであるのは拭えない。山姥を鬼婆、鬼女とも呼ぶが、それはやはり先に述べた一般的イメージが勝ってしまっているものと考えられる。同時に山に不用意に入るな……という戒め的使われ方もしただろうから仕方の無いことか。
山姥(やまうば)
『画図百鬼夜行』より「山姥」
 
山姥の伝承が残る地域――宮崎県(ヤマヒメ、という呼び名)、岡山県(こちらもヤマヒメ)、静岡県(ヤマババ)、長野県(ウバ)等多数。
 
熟女大好きなあなたの為に、おばあちゃん妖怪をまとめた記事を作成しましたので合わせて御覧ください↓