読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

『絵本百物語』とは?

「妖怪画解説」

『絵本百物語』(えほんひゃくものがたり)は、1841年に刊行された妖怪画集。

文を「桃山人(とうさんじん)」が書き、挿絵を「竹原春泉(たけはらしゅんせん)」が描いている。

なぜか『桃山人夜話(とうさんじんやわ)』という別名が付き、そっちの方が有名になってしまっているが『絵本百物語』内にそんなサブタイトルも記述も一切無い。これは民俗学者の藤沢衛彦が著書『変態伝説史』で本書を『桃山人夜話』の名で紹介していることが原因のようだ。

画家の竹原春泉は石燕を意識したとの噂もあり、画風が似ていたりもする。でも春泉の方が画力高いようなry。

因みに解説と絵がそれぞれ別の人物である為か、若干の食い違いが見られる妖怪もあって面白い。小豆洗いなんかは子供設定だったのがおっさんに化けた。

 

f:id:youkaiwiki:20130120223409j:plain

 

 

関連記事:『絵本百物語』妖怪一覧

 

参考資料:桃山人夜話ー絵本百物語 (←Amazonへのリンクどすえ)

↑の本は文庫サイズなのにフルカラーで解説付きと文句なしの一冊。

『絵本百物語』の妖怪を紹介する上でとても重宝しました。